東京神奈川埼玉千葉のアンテナ工事は「地デジアンテナ
地デジが見たい!!地デジ
(地上デジタル放送) はどうすれば見れるの? 地デジのアンテナ
工事・設置や新サービス情報、新機能についてのあらゆる疑問を「@地デジアンテナ」が解決します。

 

地デジ アンテナ 自作

今年1月に購入したうちのテレビ。
地上デジタル放送のチューナーが内蔵されているが借家が古くてUHFアンテナがついていないため地デジ放送が受信できなかった。

地デジが映らなくても生活に不自由はないのだが、最近アナログ放送の映りが悪く、そろそろ地デジが映るようにしようかなと考えていた。

ただ、屋外アンテナは取り付け工事が高いし、自分で設置するのも危険である。室内アンテナという手もあるが、アンテナを購入して全然映らなかったらお金の無駄遣いである。

などなど考えて、そうだ!とりあえず自作して、受信状況を確かめてみることにした。こういうときにネットは便利である。どうやら「ヘンテナ」というのが作りやすく、費用もほとんどかからないみたい
である。暑いし、暇だし作ってみることにした。

材料は、家にあったアンテナケーブルと銅線。アンテナケーブルはビデオについていたもの、銅線はヨメがアクセサリー作りの材料で持っているものを流用した。
道具はカッターとペンチ。これも家にある。

銅線で10cm×30cmの長方形を作ります。本当は半田付けをしたほうがいいのだが道具がないのと、とりあえず実験ということで、接合部はペンチでぐるぐるねじってとめただけ。

アンテナケーブルは片方を切り、真ん中の銅線と周りにある銅線の網を出しておく。うまくいえないが昔のアンテナの先端みたいにします。

銅線で作った長方形の長辺の下から6〜7cm辺りに5cmくらいの銅線をそれぞれ両辺につけます。

アンテナケーブルの銅線部と銅線網部に先ほどの銅線の両辺の先端をつけます。

これでできあがり!めっちゃ適当に作りましたが(笑)

早速、実験しました。全部じゃないけど映ります!NHK総合、NHK教育、TV朝日は問題なし。日テレ、フジテレビは若干ブロックノイズが入ります。TBS、テレ東、MX、放送大学は映りません。
でもこんな簡単なアンテナで受信できるなんて不思議です。
なぜ映るのかという理屈が分かっていないのでカメラや電話をはじめて使った人のような驚きがありました。

本当はアンテナを作るのに色々と計算して辺の長さなどを出したり、つなぎ目を半田付けしたり、線の太さや材質を変えてみたりと、アンテナをきっちり作ればもう少し改善しそうです。
あるいは微調整だけでもある程度は受信できるかもしれません。
興味のある人はネットで調べてください。

うちの生活には地デジは必須でないので、しばらくはこのアンテナを
改良して使おうかなと思っています。

でも2011年に備えて専門の方に地デジ用アンテナを設置することをお勧めします。

それと屋根の上ということでとても危険です。怪我をしたりしたら仕事どころではなくなってしまいます。なのでケチらず頼みましょう。一度設置すれば10年から20年くらいはびくともしないそうなので。