アンテナ工事で地デジが見たい!
電波障害とは!?建物によって電波がさえぎられることなどにより、テレビの映りが悪くなる症状です。電波障害と一口にいっても原因は様々です。その為、電波障害の対策にあたっては各症状や状況から総合的に判断する事が必要となります。

地上デジタルハイビジョン放送ならではのクオリティの高い映像、臨場感あふれるサラウンドシステム効果。そんな地デジの魅力も電波障害によって阻害されるケースがあります。

テレビ放送の敵である「電波障害」とは、電子機器や通信機器が発する電波が干渉し合うことで生じる現象で、テレビの映りが悪くなったり、場合によってはまったく映らなくなったりすることがあります。

地デジの場合、建物に電波が跳ね返って生じる反射障害が生じることは稀ですが、高い建物などにより電波が遮断されてしまい、上手く受信できないケースが生じる場合がございます。

電波障害対策電波障害対策は原因により各種、異なります。 アンテナの交換、ケーブル線の引き込みにより工事を行うといった場合もございます。 電波障害はその原因をまず確認し、障害となっている建物等の障害物を特定する事で各種対策を行っていきます。

急にテレビの映り具合が悪くなった。以前から映りが悪い。メーカーや販売店にお願いしたが解決しなかった。

上記の場合には、電波障害の可能性もありますので、「テレビの映りが悪い原因が分からない」といった場合は、お気軽に「@(アットマーク)アンテナ」までお問合せ下さい。

@(アットマーク)アンテナ - 施工範囲マップはこちらをクリック!!